BUN_Australian Grown Coffee

【BunCoffee】100% オーストラリアン・グロウン・コーヒー

¥1,800

<100% Australian Grown Coffee>

オーストラリア大陸最東端 “バイロン・ベイ” 近郊で育てられた、芳醇で甘みのある滑らかな味わいのコーヒーです。

化学薬品、除草剤、農薬などを一切使わず、オーガニック肥料のみで栽培されています。

特徴である少ない酸味と低カフェインは、恵まれた気候と土壌の性質から生まれます。

一般的なコーヒーよりも体に優しく、素朴な風味が特徴です。

この製品はオーストラリア製で、苗から木への育成、生産、加工、焙煎、包装の全ての工程がオーストラリアで行われています。

  • 苦味:★★☆
  • 酸味:★☆☆
  • 甘さ:★★★
  • ボディ:★★★

内容量:250g

選択項目をクリア
商品コード: N/A 商品カテゴリー:

商品説明

オーストラリアのコーヒー産業は、200年以上の時をかけて成長を続けてきました。
実際に繁栄し始めたのは1880年代に入ってからで、当時のヨーロッパ各国では高い評価を得ていました。
しかし海外の生産者との競合が始まるようになると、高い人件費が仇となって産業は一時衰退してしまいます。

やがて1980年代に入り、収穫機の大幅な進歩によって産業は復活に向かいます。
その原動力となる収穫機を設計したのは、クイーンズランド北部の、とある農園でした。
この発明は収穫量と作業コストに革命をもたらし、産業は見事に復興を遂げたのです。

2つの主要なコーヒー生産地帯が、オーストラリアの東沿岸にあります。
バイロン・ベイの南コフスハーバーから、ゴールドコースト、サンシャインコーストの北ヌーサにかけて亜熱帯地域があり、多数の大規模農場がバイロン・ベイ内陸エリアにあります。
そして、主な熱帯生産地帯がクイーンズランド州の北部、ケアンズ南西側のアサートン高原にあります。

そこは赤道地域のような高い標高を持たないにも関わらず、良い条件と豊かな土壌に恵まれ、農薬や化学薬品を含まない、純粋な環境でのコーヒーが栽培されています。